すのこベッドを取り入れよう|快眠を誘うベッド

良いベッドで心地よい目覚めを体感しよう。
寝室

通気性が良くカビ対策に

日本の住宅では、限られたスペースを工夫して活用していかなければなりません。すのこベッドの特徴は折りたたむことができるという点です。なので、広いスペースを活用できるのです。また、通気性が良く掃除もしやすいことから清潔に保つことが出来てカビなどに悩まされることも少ないという特徴があります。

睡眠

日本の風土に合う寝具

梅雨の影響で湿気が多い日本では、通常のベッドよりもすのこベッドを使った方が快適に眠ることができます。布団を敷く面に隙間が作られているため、布団にこもりがちな湿気を蒸散させることができるからです。この構造は、夏の蒸れやすい布団にも効果的です。

快適な睡眠を得る

寝具

ベッドにこだわる大切さ

すのこベッドとは、ベッドのマットレスをのせる部分が「すのこ」のようになっており、通常のベッドよりも通気性がよく、木製なので木が余分な湿気を吸い取ってくれます。マットレスの湿気が気になる方々には愛用されています。また、湿気や熱がこもらないので夏は涼しく感じ、カビの防止にも優れています。木製で素材としてはヒノキ、キリ、スギ、パイン材などが使用されています。ヒノキやパイン材を使用したすのこベッドなら、木の香りを楽しみながらリラックスして眠りにつくことができます。キリはタンスに使われる木材として有名ですが、吸放湿に優れているので通気性がよく、とても軽い材質なので、すのこベッドには最適です。スギも家具の材料としてよく使われていますが、こちらも吸放湿がよく、すのこベッドの材料として向いています。スギは成長が早いので木材として流通量が多く、低価格なことも特徴です。ベッドの形状も折り畳めるものと、通常のベッドのように部屋に置くものがあります。部屋のスペースを広く使いたい場合は折り畳み式がよいです。しかもすのこベッドは金属製のものよりも軽い木製なので畳んだり広げたり、移動させる場合もスムーズです。マットレスのサイズが大きい場合など安定性が欲しい時は折り畳み式ではなく、部屋に設置するタイプのものがよいです。ベッドは毎日の睡眠に影響する重要なものです。自分にとって快適なベッドを選ぶことで健康にも良い影響が与えられます。

レディ

寝具を変えて気持ちよく

すのこベッドは、特に日本の夏の湿度の高さに適した構造のベッドです。また、すのこはベッドの土台部分だけですから、布団を置いてしまえば見た目は普通のベッドと変わらず、選び方次第でどんなインテリアにも合わせられるのが魅力です。また、既存のベッドフレームを利用し、すのこだけを作ってつける方法もあります。