すのこベッドを取り入れよう|快眠を誘うベッド

寝室

日本の風土に合う寝具

睡眠

独特の構造が快適さに

日本は湿気が多い地域として知られています。特に梅雨と呼ばれる時期になると毎日のように雨が降り続き、部屋の中にも湿気が溜まっていきます。こうした気象条件の下にある日本では、すのこベッドがあると快適に過ごすことができます。すのこベッドが持ついくつかの特徴は、湿気の多い地域での使用に適しているからです。梅雨や真夏のジメジメに悩んでいるなら、すのこベッドを使ってみることをおすすめします。湿気の多い地域ですのこベッドが有用であると言われるのは、その独自の構造にあります。すのこベッドの本体は、他のベッドと同様に太めの木の角材を組み合わせて作られています。他と違うのが、床面の部分に薄い木の板が間隔を開けて貼りつけられている点です。一般的なベッドと違って間隔が開けてあることで、隙間が生じます。このおかげで通気性が向上し、布団にこもった湿気を逃がしやすくしているのです。湿気が多い季節になると、布団を干したいと思ってもなかなか外に干すことはできません。しかしすのこベッドなら湿気が逃げやすい構造になっているため、布団を干せなくてもある程度は快適さを保つことができるのです。こうしたすのこベッドの特徴は、布団にカビが生えるのも防いでくれます。カビは湿気が多い場所に発生します。夏場は睡眠中にかく汗も多いため、布団もその汗を吸ってじめっぽくなってしまいます。すのこベッドはその水分も隙間から発散させることで、快適な睡眠環境を提供してくれるのです。